海外企業調査ならOneSource〜世界最大級のクラウド型企業データベース
フォローする

2-7. Triggers

Triggers(トリガー)は、企業が実施する特定のタイプの活動(製品のローンチ、M&A の実施、新拠点の設立等)のことを指します。様々なニュースや産業情報からこれらの活動を抽出し、検索やそのフィルターとして使うことができます。トリガーを知ることで、顧客企業へ適切なタイミングでアプローチを行う、競合企業の活動を知り、適切なタイミングでアクションを起こすことが可能になります。

【会社ごとのトリガー】

・ 会社詳細ページの上部にこの会社のトリガーの数が表示されます。クリックしてトリガーを見ることができます。また、下部の左側ナビゲーションより、”Triggers”をクリックしてもトリガーを見ることができます。

・ トリガーはフィルターをかけることができます。タイトルに特定のワードを含むもののみ抽出したり、特定のトリガーのみを抽出したり、特定の期間のみ指定したりすることができます。トリガーの項目(Trigger Types)については別紙「Avention_TriggerTypes.xls」をご確認ください。

 

【トリガーの検索】

・ トリガーの検索は、会社や人物を検索するのと同様に、My Desktop の検索ボックスや Advanced Search の左上の検索ボックスに、探したいトリガーのキーワード(会社名、コンセプト等)を入力し、Enter または虫眼鏡ボタンをクリックします。

・ トリガーの項目(Trigger Types)でフィルターを掛けることもできます。トリガーの項目は別紙

「Avention_TriggerTypes.xls」をご確認ください。

・ トリガーのリストやスマートリストを、会社のリストを作るのと同様に、作ることができます。トリガーの検索結果一覧では、それぞれのトリガーに関係する企業と人物も表示されます。

・ 他の検索結果と同様に、プレビューアイコン、ピンがあります。

Ø プレビュー: トリガーをプレビューできます。

Ø ピン: トリガーを My Desktop にピン留めすることができます。

 

【特定の会社のトリガーに更新があった場合に通知を受け取る】

複数の会社をピックアップし、それらの会社のトリガーに更新があった場合に通知を受け取ることができます。

1 トリガーの更新を受け取りたい企業を検索します。

2 会社詳細ページを開き、企業概要部分のトリガーのアイコンまたは左カラムのナビゲーションの Triggers をクリックします。

3 右カラムにトリガーの一覧が表示されます。左上の”Report Actions”プルダウンをクリックし、”Save as a SmartList”をクリックし、ダイアログでスマートリストに名前を付けて”Add”ボタンをクリックします。

4 トリガーの更新を受け取りたい企業について、1〜3を繰り返します。

5 My List をクリックします。上記で作成したスマートリストの右上にマウスカーソルを持って行くとグレーのピンアイコンが表示されますので、これをクリックします(黒色に変わります)。

6 My Desktop をクリックします。My Desktop 右上のリストビューのアイコンをクリックすると、上記でピンしたスマートリストが更新順に表示されます。これでピックアップした複数の会社においてトリガーに更新があった場合、その会社のスマートリストが上位に上がってくるので気づくことができます。また、右上のメールボックスに、更新があったスマートリストの通知が届きます。さらに、設定でメール通知の受信を ON にすれば、通知をメールで受け取ることができます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

Powered by Zendesk